気圧が身体に影響する!?


 

雨が降る前に頭が痛い、台風がせまってくると膝や腰などの関節部が痛む。

 

こんなことありませんか?

 

少なからず影響を受けている方が結構多いと思います。

 

せっかく出かけようと思っていたのに、頭が痛くなったりしたらとても嫌な気持ちになりますよね。

 

 

こんにちわ!


埼玉県飯能市ひなた整骨院院長の新保です!

 

 

今日は気圧が身体にどんな影響を及ぼしているか、どんな事をすれば改善していくかをお話ししていきますね。

 

 

関係性はあるのか?


 

天候が原因で頭痛や肩こり腰痛、身体がだるい等の症状は果たして起きるのか??

 

 

答えは・・・イエスです!

 

たまたまそうなっているのではなくて、必然的に起こっているものだと言えます。

 

 

原因は?


 

気圧の変化ですが、特に急激な変化が起こった際に身体は影響を受けて、不調を起こします。

 

最近では昨日までの天候と今日の天候がガラリと変わるということも珍しくありません。

 

気温差で言うと10℃以上気温が変わったりしてしまっています。

 

台風やゲリラ豪雨が多いこの時期は特に起こりやすいと言えます。

 

そして身体というのは急激な変化にとても敏感で、一生懸命対応しようと頑張ってくれます。

 

この時に負担を感じるのは


自律神経という所です。

 

自律神経は交感神経と副交感神経という2種類でできています。


交感神経はおもに活動している時に働きます。


一方、副交感神経はおもにリラックスしている時に働きます。

 

この2つのバランスが悪くなってくると自律神経の乱れが起こり、気圧の変化に影響を受けて、身体に不調が出てきます。

     

 

 

女性のほうが影響を受けやすい?


 

一般的には男性よりも女性のほうが気圧の変化の影響は受けやすいといえます。

 

男性はホルモンバランスがだいたい一定なのに対し、女性は月経などでホルモンのバランスに波があるため、自律神経系もバランスを崩しやすいことから女性のほうが影響を受けやすいということです。



対処法はある?



まずは自律神経のバランスがとても大切になります。

不規則な生活をしていたりする場合はそれを正していく必要性があります。

規則正しくというのは、急に何かを変えるとかそういうわけではなく、普段3食きちんと食べている人が急に2食にしたり、普段6時間睡眠の人が3時間とか9時間睡眠になるというのが不規則という事なので

習慣になっている状態を維持すること

(あまりに悪い習慣の方は一度見直してくださいね!!)

まずはそれが大切です。

習慣になっている事をやると自律神経のバランスが整いやすくなります。

食事に睡眠に、少し運動を適度に取り入れ、規則正しく生活する事で症状を抑えられる事が多いです。

あとはぬるま湯に浸かる事でリラックスできますのでおススメです。


骨格の歪みを解消しよう!



骨格とは骨盤や背骨などの骨のことを言いますが、ここでは首の骨と頭の骨にフォーカスしていきたいと思います。

首の骨の特に上部頸椎と言われるところの歪みが起きると、脳からの指令がうまく全身に伝達できなかったり、脳脊髄液という全身を栄養している体液が滞りやすくなり、そうする事により自律神経の乱れが起きます。

そして

頭の骨の側頭骨という骨には耳がついており、耳の中に平衡感覚をつかさどる耳石器という石みたいなものが入っています。

その動きが悪くなる事により、脳の内圧という圧力が強まり、自律神経にストレスがかかり、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてきます。


耳を使ってセルフケア!



耳を整えることで、側頭骨や首の動きを整えることができます。

やり方は

    1.耳たぶを優しくつまむ

強く握らずにギリギリ引っ張っても指が離れないぐらいの圧で 


    2.そのまま優しく斜め下に引っ張る


    3.前後左右にくるくる回す


この運動をだいたい1分から3分ぐらいを1日数セットやってあげることで頭や首の歪みが整ってきます。

大切なのは優しくやってあげることです。


それでも全然良くならない、もう少し気圧の変化に影響を受けたくない!

という方は是非当院の


DRT調整を受けてみてください(^。^)


きっと身体の調子が良くなりますよ。


予約や、相談などはこちらからできます。

ひなた整骨院のLINE @登録はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎