呼吸が身体の健康を左右します!



人間は息を吸ったり吐いたり無意識にしていますよね?

もしそれがなくなってしまったら生きていけなくなりますよね。

ということは・・・


こんにちわ!

埼玉県飯能市ひなた整骨院院長の新保です(^。^)

今日もよろしくお願いします!!

今日は皆さんが、常に行っている呼吸についてお話ししていきたいと思います(^。^)

呼吸は健康にとーっても関係が深いところですので是非ご覧になってください!!


呼吸の目的は?



呼吸の目的

それは

生きていくためですよね。

人間は呼吸を止めてしまうと死んでしまいます。

では、なんで呼吸をしているのでしょうか??

吸う時は酸素を体内に取り入れるため

吐く時は二酸化炭素を体外に排出するためです。

人間は血液が心臓から全身に流れていますよね。

血液というのは酸素がないと流れられないですし、酸素と血液は一緒に流れているのです。

一方息を吐いて二酸化炭素を排出するのは、体内に二酸化炭素という毒素を溜め込んでしまうと、血液循環が悪くなってしまいますので、必要不可欠な動きと言えます。

確かに普通に無意識に呼吸をして、生きられていれば最低限は良いのかもしれません。

しかし、呼吸の乱れにより、痛みや病気に陥っているということは紛れもない事実なのです。


呼吸の重要性



先ほども言ったように、息を吸ったり吐いたりすることはとても大切という事が理解できたと思います。

ですので呼吸のバランスが乱れてしまうと、酸素をうまく取り入れられなかったり、二酸化炭素をうまく吐き出せなかったりしてしまいます。

そうする事により、血液循環が悪くなり、毒素が体内に増えてきてしまい、脳が悪いものと感知する事で、痛みや身体の不調を、これ以上は負担をかけないでくださいという意味のサインとして出します。

また、呼吸をする事は自律神経のバランスを整える効果があり、とてもリラックスする事が出来ます。

リラックスしていると、脳が休まりますので、痛みや不調は起こりづらいのです。

このように生きていくだけではなく、快適に過ごすためにも呼吸というのは大切なのです。

後は呼吸は良い姿勢、悪い姿勢にも関係してきます。


姿勢に与える影響



それではちょっと試しにやってほしい事があります。

まず思いっきり息を吸ってください!

何となく身体全体が開くような感じになりませんか??

次に思いっきり力を抜いて息を吐いてください。

今度は逆に身体が内側に閉じていく、そんな感じがすると思います。

何が言いたいかと言いますと

息を吸う時は背筋が伸びるんです。

逆に息を吐く時は背筋が丸まり、前かがみになるんですね。

以前背骨のカーブの話をしましたが、前かがみになってしまっている状態は背骨のズレを筋肉がカバーしようとして力を入れてしまい、コリと言われるものが出来てしまいます。


呼吸のバランスを考える



人間は緊張したり、興奮しすぎたりすると息を吸うことを忘れてしまいます。

しなくなるわけではなく、少なくなるのです。

そうなると先ほど話したように息を吐いてばかりでは、身体は丸くなり、前かがみになってしまい、身体に負担がかかり痛みや不調が出てしまいます。

自律神経の乱れも同時に起こるので精神的にも落ち込みやすくなってしまいます。


深呼吸をしよう!!



子供の頃に深呼吸の体操みたいなやつをやった経験はありませんでしょうか??

息を大きく吸ってー大きく吐くー!

というやつです。

現代社会はストレス過多になっており、呼吸のバランスが乱れ、体調を崩している方が多くいらっしゃいます。

忙しい時こそ冷静に考えて行動できるように

「深呼吸」

を取り入れて気持ちをリセットし、リラックスして生きていきましょう(^。^)


ご予約やご相談はお電話またはこちらから