首の痛み!原因はここかも!?



首が痛い!

首の痛みってほんと辛いですよね!

どこが痛くても当然辛いのですが、頭から近い事もあり、首が痛いと意識までもうろうとする場合もあります。泣

こんばんわ!

埼玉県飯能市でひなた整骨院を経営しております

院長の新保です!(^。^)

今日はなかなか取れない首の痛みのお話しをしていきたいと思います。

実は首だけ施術しても首の痛みはなかなか取れないのです・・・


身体は繋がっている



首が痛いです!

わかりました!じゃあ首をやっていきましょう!

あー気持ちよかった!!

ん?でも痛みはやっぱり変わらないよなぁー


このような事はよくある事です。

残念ながらこれだけで良くなることもありますが、ほとんどの場合これだけでは良くなることはありません。


身体は痛い所だけを施術しても良くならないのです。

理由は身体は全部繋がっているからです。

何が言いたいかといいますと、首だけではなく他のところに原因となっているところがある事がとても多いのです。

それではどんな所が原因となっている事が多いかといいますと

足首や手首周囲です。

なぜかといいますと、身体には作りが似ている所が多数あります。

これは構造類似部位といいまして、同じような動きをする場所があります。

それが首や手首、足首が同じような動きをする所ですし、全て名前に首がついています。

その構造類似部位はお互いに共鳴しますので、手首の使いすぎで首に負担がかかってきてしまっている。

足首の動きの悪さのせいで、首に負担がかかっている。

実はこのような事はとても多いのです。

少しこまかくお話ししますと

足首周囲で影響を受けやすいのが

まずはふくらはぎの筋肉です。


ふくらはぎの筋肉が固くなると足首を上に反らす動きが悪くなります。

そうなる事により歩くときに足首がうまく動かずに足をずるような歩き方になってしまいます。

ここは主に首を反らすような動きにとても関与してきます。

他には足首の外くるぶしの腓骨という骨の動きが悪い事で

首を回すときの痛みや動きの悪さに関与してきます。

なので座りっぱなしの方で足が固まりやすかったり、歩きすぎで筋肉が固くなってしまう方の首の痛みにはこれだけで半分以上良くなってしまう方も多いです。

次に手首ですが、腕の筋肉はとても細かいので大まかにお話ししていきます。

前腕部分の表と裏の筋肉の固さがあり、手首の曲げ伸ばしが悪くなると

首を反らす運動や下を向く動きに影響が出てきます。

後わりと多いのは母指球の筋肉の固さにより、首全般の動きの悪さや、痛みに影響してきます。


パソコン仕事の方や、手を良く使う仕事の人、またはスマホでアプリを良くやる人は手の筋肉が固くなりやすく、首の痛みを訴える方がとても多いです。

なかなか取れない首の痛みでお悩みの場合は、いつもと違う場所の施術を受けてみてもいいのではないでしょうか?

ちなみに当院では手や足の動きの悪さも見つつ、背骨を調整することによりその動きの悪さまでも解消していきますよ!!

ご予約ご相談はお電話またはこちらから