靴で身体が歪む!?



靴ってどうやって選んだりしていますか?

歪みの原因が靴のせいってこともありえますよ。

こんばんわ!

埼玉県飯能市のひなた整骨院を経営しています

院長の新保です!(^。^)

それにしてもすごい台風でしたねーこちらの方はあまり影響はありませんでしたが、皆さま大丈夫だったでしょうか?

何事もないことを願っております。

今日は靴によって身体に歪みが起こる可能性があるというお話をしていきたいと思います!

よろしくお願いします(^。^)!


健康は足元から



当然の事ですが、私たちはどこかに移動したり、運動したりした時に足を使いますよね。

歩いたり、走ったり、スポーツしたりと

絶え間なく使っていると思います。

そしてほとんどの場合、外で足を使う事の方が多いので

靴を履きますよね?

いうならば外にいる間は靴が自分の身体の一部になっているようなものですね。

実はこの靴によって骨盤や背骨などの骨格に歪みが生じてしまう事が多々あります。

その原因などをお話ししていきます。


脚は骨盤についている



なぜ靴のせいで歪んでしまうのか?


とその前に、脚の構造を少しお話ししたいと思います。

まず骨盤の下に股関節があります。

股関節というのは骨盤とその下にある大腿骨によって作られています

さらにその下には膝関節があります。

膝関節というのは大腿骨とその下にある脛骨と腓骨によって作られています

その下には足関節があります。


このように

骨盤から足の関節までは全て繋がっています。

繋がっているという事は何かしらの影響を受けるという事です。

そこで最も動く時に影響を受けやすいのは足です。


足が影響を受けるという事は骨盤の歪みに繋がるという事です。

ではどこが原因でそうなるかといいますと

当然ながら自分の足に合っていない靴を履いている時です。

靴がうまくフィットしていないと余計なところに力が入ってしまい筋肉が緊張してしまいます。

その筋肉の緊張により、繋がっている骨盤や背骨歪みが起こるということです。

ではどんな靴がいけないかといいますと

まずはサイズ感です。

緩すぎても当然良くないですし、きつすぎでも良くないです。

妥協せずに自分の足にフィットするもの、少し歩いたりしながら違和感がないか?を慎重に行うべきです。

オーダーで作ったりする時は足の形をとってサイズを決めていくのでそんなに大きく合わないという事はないですが、普通に靴屋さんで買う場合は少し合わないけどまぁいいか!と選んでしまうと結局履きづらくて履かなかったり、履いていても履きづらいしどこか身体に不調が出てきてしまう事だってあります。

後で靴が合ってくるという事はまぁありませんので、しっかりその場で徹底的に妥協せずに自分に合った靴を選ぶ事をオススメいたします。

そうすることにより、身体の歪みを防ぐ事が出来るかもしれません(^。^)

ご予約ご相談はお電話またはこちらから