夜寝てて腰が痛い!


夜中に痛みで目がさめる事ってありますよね。

こんばんわ!

埼玉県飯能市でひなた整骨院を経営しております

院長の新保です!

今日もよろしくお願いします!!

夜中に目が覚めてしまうと、あまり寝た感じがせずに、朝とてもだるかったり、眠かったりしますよね。

今日はそんな時どうしたらいいのかを、簡単にお話していきたいと思いますので、よろしくお願いします!!


仰向けにはこれ!!



寝る時は基本的に、仰向けでというお話は以前したかと思うのですが

仰向けで痛い場合、ほとんどの場合が腰が反りすぎてしまっている状態になっています。

これは大腰筋という、背骨から骨盤にかけてついている筋肉ですが、この大腰筋が何らかの影響で伸び縮みができなくなり、緊張した状態になってしまうと、腰が反ってしまいます。

そのほかには、前ももの大腿四頭筋という筋肉が緊張してしまい腰が反ってしまう事があります。

これを解決するには施術するのが1番ですが笑笑

そうも言ってられないので、とりあえずできることをお話しますね!

それは

膝の下に枕や座布団をたたんだ状態で入れてあげることです。

そうすることにより、大腰筋や大腿四頭筋の緊張が緩むので、腰の反りが和らぎます。

ですので寝ている時に、痛みが出てしまった場合は、そのように対処みてくださいね。

ですが、施術は絶対に受けてくださいね!笑

ご予約ご相談はお電話またはこちらから!