痛みが出る所と原因



痛い所と、それを出している原因てイコールでもあるし、そうでもないんです。

こんばんわ!

埼玉県飯能市でひなた整骨院を経営しております

院長の新保です!

今日もよろしくお願いします。

痛いところがどうなっているのか?

はたして原因はなんなのか?

今日はお話していきたいと思います(^。^)


原因の場所は硬いです



普段患者さんに対して、施術をしていて思うのは

悪い所=硬い所という事がほとんどです。

例えば、腕が痛いとして、ではどこが原因でその痛みが出ているか?

調べていくと、大体が違うところにとても硬くなっているところがあるので、そこを施術することで痛みが出ている所の症状が軽減、または消失する事が多々見られます。

実は痛い所というのは、あまり硬くありません。

硬いという事は、動きがなくなってしまっています。

痛い所というのは、硬くなり、動きが悪くなっているところをかばって動きすぎてしまっているので逆に動きが良く、柔らかい事が多いのです。

右腕が痛くても、実際に硬いのは左脚でそこをかばって動きすぎているので、施術するのは左脚になる、という事なのです。

ここを理解しておかないと、患者さんが痛いと訴えている所の症状は取れて行かずに、なかなか治らない負のスパイラルに陥ってしまい

私のこの症状は治らないんだと思い、病院にいき、レントゲンやMRIをとり、原因不明と言われて落ち込んでしまうのです。

そのような患者さんが当院に数多くいらっしゃっていただいております。笑

まず、他のところを触られるという事もないし、それによって症状が楽になるのはとても驚かれますし、不思議がられますが

当院としては、それは当たり前の事なのです。

なぜなら、解剖学的、生理学的に身体というのはそうなっているのです。

しっかりと正しい位置、正しい循環を身体がしてくれればあとは勝手に良くなっていきます。

私たちはそれをただ、お手伝いさせていただくだけなのです。

私たちは身体の専門家、プロとして当然の事をしなくてはいけません。

今一度、全体の考え方を改め直す必要があると私は最近思います。

ご予約ご相談はお電話またはこちらからどうぞ

ひなた整骨院のLINE @へ登録!