身体の土台を作る方法


身体の土台といえば皆さんどこを思い浮かべるでしょうか?
こんにちわ!
埼玉県飯能市でひなた整骨院を経営しております
院長の新保です!
今日もよろしくお願い致します(^。^)!!
大きな建物や、お家でもそうですが、土台がしっかりしてなければいくら
良いものを積み重ねても崩れてしまい、水の泡になってしまいますよね。
それはとても困るので避けたい所です。笑
今日は身体の土台について
その土台を崩さないために大切なことをお話していきたいと思います!

身体の土台は?


身体にはいろいろな神経や筋肉、内臓や骨がありますね。
正直どれも大切ですし、欠けて良いものはありません!!
ですが、優先順位として考えるならば、やはり大きな土台ですよね。
土台としてまず考えて欲しいのは・・・
そう、骨盤です。
まぁ最近では当たり前になっているのであまり驚かないかもしれませんが。笑
今一度、初心に戻って考えるべきかと思いお話をさせていただいております。
理由は簡単ですが、骨盤は身体の中心にあります。
骨盤を境目にして、そこから上を上半身、下を下半身と皆さん呼んでいると思います。
その骨盤には、背骨が積み木のように1つずつ積み重なっています。
そして、背骨(首の骨)の上には頭が乗っています。
頭の中には脳みそが入っており、ここでは色々考えたり、決断したり、行動したりします。
私たち生き物の最高司令部となります。
頭と骨盤というのは、離れていますが、どちらも背骨の延長線上に位置していますので、それだけ重要なものという事が言えると思います。
なので、骨盤が歪めば積み重なっている背骨もグラグラとバランスが悪く、結果歪んでしまいます。
背骨の上の頭にも、当然影響してきますね。
この頭に影響すると、脳が異常をきたし、身体に痛みや違和感を感じさせたり、集中力がなくなったり様々な事が起こってしまいます。
それだけ土台=骨盤というのは重要になってきます。

骨盤を立てる事!


では、その骨盤を歪ませないために何が大切なのか?という事ですが
難しく考えずに、良い形を保ってあげれば良いだけなのです。
特に難しい運動や体操をする必要はありません。
TVでやっている最新の運動を真似してやる必要はありません。(やるなら全て半分ぐらいでやった方が良いです。)
実は、これをやって身体を壊す人があまりにも多いのです。(笑)
それは、ただの手段でしかありません。
ただ良い形を保ってあげれば良いだけです。
ここで大切なのが、構造を理解しておくという事です。
構造って聞くとちょっと難しいと思うかもしれませんが、その良い形というのを知るという事です。
以前に、姿勢についてのブログでもお話しましたが、
大切なのは、骨盤を立ててあげる事です。
特に座っている時に重要ですが、骨盤が立っている状態というのは、坐骨というお尻の骨が左右にあるのですが、その2点が下につくよう
に座れていれば大丈夫です。
それと、尾骨という骨盤の下にある骨が下についてしまっている、ダラーンとなっている状態は骨盤は逆に寝てしまっています。
赤い所が、坐骨です。(左右に1つずつあり、合計で2つあります。)

緑の所が、尾骨です。
ここを触れないようにしましょう。
後は、骨盤が立った状態をしゃがむ時や、立ち上がる時など、どんな時でもその形のまま動いてあげれば良いのです。
 
そうすれば勝手に背筋は伸びてくれます。
 
背筋が伸びていれば、背骨や骨盤から出ている神経の働きが大変良くなり、身体全体の機能が上がって来てくれます。
 
本当にこれが出来れば、ほとんどの症状は軽減または消失していきますよ!
 
私達がその場で治療する目的は、人間本来の形に近づけてあげることだけです。
 
後はその状態を維持するだけです。
 
体型などでもそうですが、維持するって人間とても難しく感じてしまいます。
 
シンプルに考えていければそれだけで十分だと思います。
 
信じてそれをやり続ける事。
 
それがとても大切だと思います。
 
もちろん私達は、より皆さんのお身体の維持、増進が出来るように日々努力を惜しみません!!
 
あなたの身体が良くなると、私たちもとても嬉しいです!
 
一緒に頑張りませんか?(^。^)
 
ご予約ご相談はお電話またはこちらからどうぞ!
 
ひなた整骨院のLINE @登録はこちら!